子供ののびのび教育について

一人っ子なら教育にも十分なお金がかけられる

子供ののびのび教育について かつて、一人っ子はマイナスイメージを持たれることが珍しくありませんでした。兄弟がいないからわがままに育つ、競争心が育たないなどはよく言われることです。しかし、一人っ子だからと言って、わがままに育つとは限りません。兄弟全員がわがままと言う家庭も存在します。また、競争心が育たないと言いますが、最近は兄弟がいても競争することが少ないです。その昔、兄弟同士の競争と言えば、おかずの取り合いでした。しかし、今では昔とは違って、兄弟全員分のおかずが用意されます。昔と比べて豊かになったからです。結果、競争することはどんどん減っていきました。

別に一人っ子でも問題ないと言う考えが広まり、近年ではあえて一人っ子を選ぶ家庭が増えてきています。一人っ子なら愛情もたっぷり注げますし、教育にもお金をかけることができるからです。兄弟がたくさんいると、どうしても上の子にはさびしい思いをさせてしまうことがあります。下の子の面倒を見なくてはいけないので仕方ありません。また、教育にも十分なお金がかけられない可能性が高くなるでしょう。しかし、一人っ子ならそう言う負担はかなり少ないです。今後、一人っ子がさらに増えると考えられています。