子供ののびのび教育について

譲り合いの教育は難しくない

子供ののびのび教育について 一人っ子はわがままになると言われることがあります。兄弟がいないので何でも独り占めにでき、譲り合う心が育たないからと言う発想からきているのでしょう。それを深刻に受け止め、極力物を与えないと言うお母さんもいます。言うまでもありませんが、それは逆効果でしょう。物を与えないと言うことは、譲り合う心を育てる機会を奪っていると言うことです。全く意味がありません。兄弟がいてもわがままな子はいますし、一人っ子でもわがままではない子もたくさんいます。一人っ子だからと言って、プレッシャーを感じる必要はないですし、厳しく教育する必要もないです。

兄弟がいないのならば、お母さんが兄弟の代わりになればいいだけです。一人っ子であっても、譲り合いの教育はできます。心配はいりません。まずは、おやつをお母さんと半分こすることから始めましょう。子供の目の前でケーキを半分に切り分けることが基本です。次は、子供に分けさせるようにしましょう。たとえば、お父さんに半分残しておいてと言って、全部食べさせないようにすることです。これらができるようになったら、友達が家に遊びに来ても、独り占めすることなくみんなでお菓子を分けるようになります。