子供ののびのび教育について

一人っ子の教育に頭を悩ませるお母さんは多い

子供ののびのび教育について 一人っ子の教育に頭を悩ませているお母さんはとても多いです。一人で生きていけるように早く自立させなければと考え、厳しく教育するお母さんも少なくありません。昔は子供には厳しく接すること、そして適度にフラストレーションを感じさせなければいけないと言われていました。しかし、現在ではそれは間違った考えであると言われています。子供が小さい内に厳しく接すると愛情不足に陥り、人格に問題が生じる可能性が高くなると言われ出しました。過保護で甘やかしすぎぐらいが丁度良いと言う風潮になってきています。

一人っ子のお母さんは、甘やかしすぎてはいけないと強く思いがちです。子供が抱っこをねだってもあまり抱かない方がいいと言う人もいます。しかし、十分すぎるほど抱っこをした方がいいと言うのが、現在の常識です。お母さんとしては、抱っこばかりするといつまで経っても自立しないと思うでしょう。しかし、逆です。子供の頃にしっかり抱いてもらっていた子供は、早く自立します。また、あまり抱っこしすぎると、抱き癖がつくと言うお母さんもいますが、抱き癖など気にする必要はありません。最近は、抱き癖など存在しないと言う考えが一般的になっています。