子供ののびのび教育について

学校教育のもつ意味は勉強だけではありません

子供ののびのび教育について 学校での教育の中では、勉強だけでなく、色々なことを学ぶことができます。もちろん教科書に載っている勉強は大切なことで、その学年ごとに理解しなければならない内容ですので、きっちり覚えなくてはなりません。しかし授業だけではなく、学校という集団の中から学ぶことも多いです。同じ地域で育って、同じ授業を受けている子どもたちでもそれぞれに全く違う個性を持っています。大人しい子、元気な子、スポーツが得意な子、読書が好きな子、イジワルな子、優しい子、面白い子など、本当に十人十色とっても良いでしょう。

このように色々な子どもがいる学校では、自分の思い通りにならないことも多く、誰かに合わせなければならない場面も出てきます。自分の意見とは全く違う意見があることを知ることもできます。どんなことをしたら相手がイヤな気持ちになるのか、嬉しい気持ちになるのかなど、そういったことも様々な体験を通して学ぶことができるでしょう。学校での教育とは、このように勉強だけでなく人格形成の一部を担っていると言っても良いのではないでしょうか。大人になる前に様々な体験をして、色々な考え方を身につけることはとても大切な経験だと思います。まさにこれらは学校教育の一部といえるでしょう。