子供ののびのび教育について

教育資金の貯め方と方法

子供ののびのび教育について 子供が誕生すると、毎日が明るく楽しくなります。大切な我が子のためにお仕事も充実していることでしょう。しかし将来、子供を大学卒業まで通わせると、どれくらいの資金が必要となってくるのでしょうか。例えば高校までは公立で大学に通った場合には約300万円から500万円の資金が必要となってきます。

教育資金を貯める方法としては銀行などの金融機関に預ける、学資保険に加入するなどがあります。金融機関に預けた場合には、引き出しも可能ですが困った時などに最寄りの金融機関ですぐに引き出すことができてしまいます。この場合、目標額に到達する可能性も低くなってしまうと考えられます。保険会社の学資保険では金融機関とは違い、引き出すことができませんので目標額を達成することも可能となってきます。

保険の場合では契約者となる親が万が一死亡する事態となった場合には、今度の保険料の支払いがなくなります。しかし教育資金はちゃんと受け取る事が可能となります。将来の教育資金を貯めていくには挫折せずに、貯め続けて行くことが重要になってきます。また公立や私立などでも資金は大きく変化してきます。そこを踏まえて目標額を決めることをお勧めします。